光人社
Googleでサイト内検索
新刊案内書籍案内NF文庫雑誌「丸」ご注文についてお問い合わせ会社案内
光人社 光人社
新刊案内

2016年7月の新刊

近刊情報
単行本
 
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
敷島隊の五人 軍大尉関行男の生涯
著者:森 史朗  四六判 656ページ ISBN:978-4-7698-1624-9
定価:本体3,800円+税 発売年月日:2016年7月25日

昭和19年秋、二十三歳の関隊長以下、二十歳前後の4人の特攻隊員たちが比島マバラカット基地を飛び立った…。レイテ島沖で米空母に体当たり突入を敢行し、自らの肉体を四散させた5人の若者たちは、最後の出撃に到るまでの残された時間の中で何を思い、いかに生きようとしたのか。多くの新事実を駆使して構築された完全版ノンフィクション。

book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
ドイツ装甲兵員車 戦場写真集
著者:広田 厚司  A5判 168ページ ISBN:978-4-7698-1622-5
定価:本体2,300円+税 発売年月日:2016年7月1日
優れた装甲防御力、不整地走行性能を持ち、戦車部隊とともに迅速に行動し、砲弾・銃弾の飛び交う最前線へ兵士たちを輸送。第二次世界大戦のドイツ軍装甲部隊において重要な役割を担った装甲兵員車Sdkfz.250とSdkfz.251。その活躍を戦場写真320枚で描く。対戦車砲搭載車・対空砲搭載車・迫撃砲搭載車・無線指揮車・砲兵観測車・電話線敷設車・弾薬貨物運搬車など多くのバリエーションを掲載。付・派生型一覧、諸元表。
NF文庫
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
牛島満軍司令官沖縄に死す 最後の決戦場に散った慈愛の将軍の生涯
著者:小松 茂朗  244ページ ISBN:978-4-7698-2964-5
定価:本体770円+税 発売年月日:2016年7月20日
日米最後の決戦場・沖縄。死闘3ヵ月、住民をも巻き込み、日米あわせて20万もの死者を出した戦闘の実相…。戦火のもとであらゆる悪条件に耐えながら決戦か持久かに揺れる三十二軍を担い、人知の限りを尽くして事に望んだ司令官・牛島中将の悲壮な決意とその人物像を描く。
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
軍艦「矢矧」海戦記 建築家・池田武邦の太平洋戦争
著者:井川 聡  528ページ ISBN:978-4-7698-2963-8
定価:本体980円+税 発売年月日:2016年7月20日
昭和18年9月、海軍兵学校卒業と同時に竣工直前の最新鋭軽巡「矢矧」に乗艦、太平洋戦争後半の三大海戦に参加し、常に艦橋に立ち続けて連合艦隊の最期を目撃した池田武邦。戦後、霞ヶ関ビルほか超高層ビルやハウステンボスの設計に活躍した半生を振り返り、「矢矧」沈没後の人生は余生という建築家が封印を解いて語った苛烈な戦場体験。
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
帝国陸海軍 軍事の常識 日本の軍隊徹底研究
著者:熊谷 直  320ページ ISBN:978-4-7698-2962-1
定価:本体840円+税 発売年月日:2016年7月20日
各組織の成り立ちから歴史、運用の実態、編成、学校、教育、人事ほか難解な用語に至るまで、711万人の大所帯・帝国陸海軍のすべてを図表を駆使して詳細かつ平易に解説。現代人が軍隊を知るためのミリタリーものしり大百科。
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
遺書配達人 戦友の最期を託された一兵士の巡礼
著者:有馬 頼義  280ページ ISBN:978-4-7698-2961-4
定価:本体800円+税 発売年月日:2016年7月20日
遺書を託して前線に消えた戦友13人。敗戦による飢餓とインフレ時代、幾年もかけて戦友の最期の手紙を配達する元兵士が見た戦争の爪痕。西山民次の心に燃え続けた怒りの炎は、著者のなかにも燃えていた。テレビドラマ化、映画化もされ、「戦争体験の風化に抵抗する作品」と評された、戦争を知らない世代へのメッセージ。
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
輸送艦 給糧艦 測量艦 標的艦 他 主力艦の陰に存在した重責を果たした艦船
著者:大内 建二  240ページ ISBN:978-4-7698-2960-7
定価:本体770円+税 発売年月日:2016年7月20日
不利な状況下にありながら実戦投入され、大きな効果をもたらした輸送艦。艦隊の集結地などへの補給という重要な役割を担った給糧艦。海軍艦艇の作戦展開に不可欠であった測量艦。航空作戦の強化、砲撃の命中精度向上のために運用された標的艦。これら海軍の特別任務艦艇や陸軍の特殊船を写真と図版で詳細に解説。
・2016年 6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2015年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2014年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2013年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2012年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2011年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月 
・2010年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月 
・2009年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2008年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2007年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月 
・2006年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月 
・2005年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
↑このページのtopへ
2016© Ushioshobokojinsha Co., Ltd All rights reserved.
ご意見・ご感想はこちらまで