光人社
Googleでサイト内検索
新刊案内書籍案内NF文庫雑誌「丸」ご注文についてお問い合わせ会社案内
光人社 光人社
新刊案内

2016年5月の新刊

近刊情報
単行本
 
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
【徹底検証・憲法】 世界最古の「日本国憲法」
著者:三山 秀昭  四六判 240ページ ISBN:978-4-7698-1621-8
定価:本体1,800円+税 発売年月日:2016年5月25日
憲法公布70周年。改憲容認論、強固な護憲論、いずれも「事実(ファクト)」を知らないか、自らに都合のよい記述だけを繋ぎ合わせた空疎な「論」の応酬となっている。現役ジャーナリスト・広島テレビ社長である著者が、一言一句変えられていない“世界最古の日本国憲法”の事実を丹念に解説したこれまでにない憲法書。「日本国憲法」全文、「自民党改正草案」対照表、「おおさか維新の会改正原案」、「民進党綱領」収載。外交ジャーナリスト手嶋龍一氏推薦!
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
軍医大尉 桑島恕一の悲劇 われ上海刑場の露となりしか
著者:工藤 美知尋  四六判 160ページ ISBN:978-4-7698-1618-8
定価:本体1,800円+税 発売年月日:2016年5月10日
「デス・バイ・ハンギング」……昭和22年2月1日午前8時、刑は執行された。献身的治療で多くの捕虜の命を救い、感謝状まで贈られた軍医大尉・桑島恕一は一度も陳述の機会を与えられることなく、なぜ絞首刑に処せられたか。従容として死した軍人の素顔を活写し、歴史に埋もれた真実を掘り起こした感動のノンフィクション。
NF文庫
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
隼戦闘隊長 加藤建夫 誇り高き一軍人の生涯
著者:檜 與兵  392ページ ISBN:978-4-7698-2953-9
定価:本体900円+税 発売年月日:2016年5月20日
ジャワ、ビルマで敵空軍を震撼させた陸軍飛行第六四戦隊戦隊長・加藤建夫。チーム戦闘に徹し、常に自分よりも部下を、自隊より僚隊を思いやり、先頭に立って困難な任務に立ち向かい陸軍航空部隊の至宝といわれた名指揮官の日々を、身近に仕えた部下が克明に書き残した空戦記。
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
果断の提督 山口多聞 ミッドウェーに消えた勇将の生涯
著者:星 亮一  384ページ ISBN:978-4-7698-2952-2
定価:本体920円+税 発売年月日:2016年5月20日
太平洋戦争の転機となったミッドウェー海戦で三空母炎上後、ただ一隻残った空母「飛龍」を率い敢然と米艦隊に反撃し、すさまじい闘魂を見せた闘将・山口多聞。米国駐在武官時代に山本五十六の薫陶を受けた国際派にして、部下に慕われ家族に愛情を注ぎ、乗艦とともに沈んだ提督の知られざる50年の生涯を、資料・証言・家族に残した手紙などから生き生きと描く。
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
蒼茫の海 提督加藤友三郎の生涯
著者:豊田 穣  440ページ ISBN:978-4-7698-2951-5
定価:本体950円+税 発売年月日:2016年5月20日
海軍大将加藤友三郎とは何者であったのか。八八艦隊建造の推進派でありながら、1921年からのワシントン会議において、強力な統率力と決断力をもって軍縮の重い扉を押し開いたその先見性とは…。進むことを知り、かつ退くことも受け入れる柔軟性に富み、「日本の誠意」と謳われた男の足跡を辿り、近代の象徴といえる提督の気概を描く渾身の人物伝。
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
日本陸軍の知られざる兵器 兵士たちを陰で支えた異色の秘密兵器
著者:高橋 昇  224ページ ISBN:978-4-7698-2950-8
定価:本体750円+税 発売年月日:2016年5月20日
小銃、火砲、戦車、戦闘機などが戦場の表舞台に立つ兵器とすれば、兵士たちを陰で支えた舞台裏の兵器も存在した――。大陸や南方の大河を想定した渡河器材、迅速に塹壕を掘削する工兵車両、観測機、戦場には不可欠なレントゲン医療車。ベーカリーや日本独自の野戦炊事車など、陸軍のユニークな“異色兵器”を写真と図で詳解!
book
アマゾンで注文
ブックサービスで注文 icon
新装版 証言・ミッドウェー海戦 私は炎の海で戦い生還した!
著者:橋本 敏男、田辺彌八 ほか  370ページ ISBN:978-4-7698-2954-6
定価:本体860円+税 発売年月日:2016年5月20日
日本海軍が空母四隻喪失という未曾有の痛手を被ったミッドウェー海戦。信じられない戦いの中で、各司令官、艦長、飛行機搭乗員、水兵はいかに対処し行動したのか…。“運命の5分間”の戦慄の時を迎えた空母「加賀」「蒼龍」乗組員や伊号潜水艦長ほか、それぞれの目で見た壮絶な戦場体験を赤裸々に綴った手記29篇を収載。
・2016年 4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2015年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2014年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2013年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2012年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2011年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月 
・2010年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月 
・2009年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2008年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
・2007年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月 
・2006年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月 
・2005年 12月 ・11月 ・10月 ・9月 ・8月 ・7月 ・6月 ・5月 ・4月 ・3月 ・2月 ・1月
↑このページのtopへ
2016© Ushioshobokojinsha Co., Ltd All rights reserved.
ご意見・ご感想はこちらまで