潮書房光人新社
検索
書籍案内産経NF文庫光人社NF文庫雑誌「丸」会社情報
光人社
NF文庫

171615141312111098│7│654321
Book 新装版
グラマン戦闘機
零戦を駆逐せよ
著者:鈴木 五郎
定価:本体790円+税
ISBN:978-4-7698-2454-1
発行年月日:2012年7月1日
攻撃と防御を合わせ持ち、零戦の小わざを圧倒した実力の名機F6Fヘルキャットの全て
その重厚な性能を太平洋の空にいかんなく発揮した傑作機ヘルキャット。1930年代から手がけられた艦上戦闘機の頂点に達したF6Fの誕生までのグラマン社開発者の苦難の道のりを描いた話題の技術戦記。
アマゾンで注文
 
Book 日本陸軍の火砲 野砲山砲
日本の陸戦兵器徹底研究
編者:「丸」編集部
定価:本体848円+税
ISBN:978-4-7698-2744-3
発行年月日:2012年6月25日
日米最後の地上戦、絶対絶命の防衛戦を戦いぬいた男たち。
弾雨の嵐に薙ぎ払われ、焦土と化した悲劇の島に展開された苛烈なる地獄図!知られざる戦史の空白をうめる感動の手記。ラバウル海軍病院始末、シンガポール要塞戦記も併載。
アマゾンで注文
Book 地獄の戦場「沖縄」
奇蹟の脱出航海記
空白の戦記T  表題作の他4編収載
編者:「丸」編集部
定価:本体848円+税
ISBN:978-4-7698-2744-3
発行年月日:2012年6月25日
日米最後の地上戦、絶対絶命の防衛戦を戦いぬいた男たち。
弾雨の嵐に薙ぎ払われ、焦土と化した悲劇の島に展開された苛烈なる地獄図!知られざる戦史の空白をうめる感動の手記。ラバウル海軍病院始末、シンガポール要塞戦記も併載。
アマゾンで注文
 
Book 特攻基地知覧始末記
特攻隊員異聞
著者:佐藤 早苗
定価:本体762円+税
ISBN:978-4-7698-2743-6
発行年月日:2012年6月25日
太平洋戦争末期、退勢を挽回するために最後の手段として敢行された百死零生の「特攻作戦」
知覧基地を飛び立ち、開聞岳を越えてみずから肉弾となって散っていた若き特攻兵たちの真実に迫る。「還らなかった特攻隊員」に焦点をあて、その素顔を通して日本の特攻と戦争を見つめなおし、現代に語り伝える感動作。
アマゾンで注文
Book 事件百年史
近代以降の日本人の歩みと100大事件
著者:楳本 捨三
定価:本体876円+税
ISBN:978-4-7698-2742-9
発行年月日:2012年6月25日
明治開国から昭和まで日本人の心を揺らした100大事件を読む!
事件に見る明治・大正・昭和、三代百年の世相。天変地異から事故、誘拐、心中、国民に衝撃を与えた代表的な重大事件をピックアップ。政治、社会、文化、風俗の変遷を再現。それぞれの事件を客観的にとらえ、親しみやすく、わかりやすく解説。
アマゾンで注文
 
Book ロシアから見た北方領土
日本から見れば不法でもロシアにとっては合法
著者:岡田 和裕
定価:本体724円+税
ISBN:978-4-7698-2741-2
発行年月日:2012年6月25日
日本は油断のならない隣国というロシアの立場と日本認識を歴史から眺めて見る!
島はロシアの一部である——日本とロシアが領土問題で初めて接した安政年間から一世紀半の年月を迎えて、相手の立場から北方領土を眺めてみれば新たな糸口が見えてくる。隣国としての日ロ関係の歴史を読み解く話題の一冊。
アマゾンで注文
Book 新装版
本田稔空戦記
エース・パイロットの空戦哲学
著者:岡野 充俊
定価:本体790円+税
ISBN:978-4-7698-2464-0
発行年月日:2012年6月25日
ラバウルから本土上空まで激しい戦いの中で培われた敵を墜とすための精神力
零戦を駆ってソロモンの空で戦い抜き、紫電改で圧倒的な敵と相見えた本土防空戦。常に運命を好転させることを信条とし、どんな逆境にあってもくじけることなく、ひたむきな努力をかさねたパイロットの感動の空戦記。
アマゾンで注文
 
Book 「空の少年兵」最後の雷撃隊
異色の戦記V  表題作の他4編収載
編者:「丸」編集部
定価:本体848円+税
ISBN:978-4-7698-2740-5
発行年月日:2012年5月25日
冷静な判断力と闘志をもって敵艦に肉薄した空の男の真髄
「ヨーイ、テイ」魚雷を発射した瞬間、機体がふわりと浮き上がった。排気管から物凄い火の粉を噴きながら上昇にうつる。このとき後方の空に、こちらに向かってくるグラマン戦闘機を発見した。「しまった!」グラマンでは相手が悪い。(本書より)
アマゾンで注文
Book わが帝国海軍の興亡
連合艦隊始末記
著者:阿部三郎
定価:本体1,000円+税
ISBN:978-4-7698-2739-9
発行年月日:2012年5月25日
明治・大正・昭和、なぜ日本は戦い続け、焦土となったのか。
官僚的組織と先例尊重に毒され、革新的な意見を退ける事なかれ主義や、現地の実体を把握しない用兵者の希望的観測に基づくデスクプランにより、苦闘を強いられた第一線部隊の戦歴。トップリーダーたちの資質・器量を問う。
アマゾンで注文
 
Book ウオッゼ島籠城六百日
弧島で生き抜いた将兵たちの記憶
著者:土屋太郎
定価:本体705円+税
ISBN:978-4-7698-2738-2
発行年月日:2012年5月25日
補給路を断たれた南海の孤島。飢餓との戦いに挑んだ3100名。日本軍将兵の運命は……。
マーシャル諸島ウォッゼ島の日本守備隊3100名は昭和19年2月以降、脱出、補給路を米軍に断たれ孤立。600日におよんだ籠城生活──悪化する食糧事情、士気の衰え、指揮系統の乱れ、増加する犯罪、死を賭したサバイバル。
アマゾンで注文
Book WWU秘話
戦争の知られざる出来事11話
著者:広田厚司
定価:本体790円+税
ISBN:978-4-7698-2737-5
発行年月日:2012年5月25日
映画『大脱走』は本当の話!第二次大戦がもたらした、小説よりもおもしろい、徹底的に敵を騙す戦い!
米西海岸の大航空機工場を隠蔽する方法、英本土がドイツに占領されても戦争を継続するための全資産のカナダへの移送。壮大なスケールの作戦から、前線将兵の孤独な戦い、脱走に賭ける英独捕虜等。戦時物語を写真とともに伝える。
アマゾンで注文
 
Book 新装版
砲術艦長黛治夫
海軍常識を覆した鬼才の生涯
著者:生出 寿
定価:本体800円+税
ISBN:978-4-7698-2124-3
発行年月日:2012年5月25日
合理的な発想と果敢な実行力。重巡「利根」艦長のサバイバル戦法!
レイテ沖海戦で敵空母群を猛撃、大胆かつ細心、常に目的意識を見失うことなく、自己を鮮明に標榜して発想する日本海軍稀有の人材。海戦と共に生起した航空決戦に挑まなければならなかった名砲術指揮官の苦悩を描く人物伝。
アマゾンで注文
Book 南洋“アニマル戦線”異状なし
異色の戦記U 表題作の他4編収録
編者:「丸」編集部
定価:本体848円+税
ISBN:978-4-7698-2736-8
発行年月日:2012年4月25日
南方戦線で見た「動物と兵隊」が織りなすもうひとつの戦争
よるともなれば、トラが近所をうようよと歩きまわっていた。部隊は兵営の全周に高さ二メートルの鉄条網を張りめぐらしてトラにそなえたが、それでも動哨をしていた兵をかみ殺し柵をとびこえて逃げるという事件がおきた。(本書より)
アマゾンで注文
 
Book 失われた戦場の記憶
最前線の人間ドラマ
著者:土井 全二郎
定価:本体800円+税
ISBN:978-4-7698-2735-1
発行年月日:2012年4月25日
名も無き戦場で、砲声と硝煙のなかを駆けた無名戦士たちの物語
太平洋戦争で命を散らした日本軍将兵二百万以上。敗勢濃い戦線で、無言のまま果てていった兵士たち。名もない戦場で空しく朽ちなければならなかった無念さはいかなるものだったのか。過酷な戦場を再現する感動のノンフィクション。
アマゾンで注文
Book ノモンハン事件
日ソ両軍大激突の真相
著者:越智 春海
定価:本体752円+税
ISBN:978-4-7698-2734-4
発行年月日:2012年4月25日
昭和14年、ソ満国境。日本軍が初めて体験した本格的近代戦の威力!
傲岸無策の陸軍高級将校の横暴によって敗北を蒙った第二十三師団将兵、数千余りの遺体は、停戦協定後も陣地内に横たわっていたという。八月末、すでにバルシャガルは寒かった。屍の上を渡る朔風こそ、啾々というべきものであった。
アマゾンで注文
 
Book 異なる爆音
日本軍用機のさまざまな空
著者:渡辺 洋二
定価:本体724円+税
ISBN:978-4-7698-2733-7
発行年月日:2012年4月25日
零戦六三丙型、瑞雲、武装司偵、キ一○二乙……多彩な機体の知られざる戦いの数々
対潜哨戒、首都圏防空、飛行実験部などバラエティーに富んだ陸海軍航空機種で任務をやりとげた、搭乗員たちの衝撃の空戦の事実。戦争の進展に伴い予想をくつがえした戦場の空に登場した多彩な日本軍用機とその戦い方を描く。
アマゾンで注文
Book 新装版
空と海の涯で
第一航空艦隊副官の回想
著者:門司 親徳
定価:本体1,048円+税
ISBN:978-4-7698-2098-7
発行年月日:2012年4月25日
大西瀧治郎の副官が見た特攻隊誕生の瞬間!
“体当たり”戦法を生み出した大西瀧治郎。その副官として仕えた筆者が、大西中将の知られざる素顔と奮闘を綴る回想記。ハワイ作戦の空母「瑞鶴」艦内から、比島戦の特攻部隊誕生の瞬間までの実体を捉えた感動作。
アマゾンで注文
 
Book 陸軍“めしたき兵”奮戦記
異色の戦記T 表題作の他4編収録
編者:「丸」編集部
定価:本体848円+税
ISBN:978-4-7698-2732-0
発行年月日:2012年3月26日
戦う男たちの旺盛なる胃袋をまかなった“軍隊の舞台裏”
当番兵の多くは、こわもての連中で、これを引き連れている班長がまた、もうすぐ曹長になるという連隊最古の鬼軍曹である。気の弱い初年兵が炊事に使いに行けと言われ、小便をちびったという話があるくらい恐いところだ。(本書より)
アマゾンで注文
Book 中国大陸徒歩四六〇〇キロの戦場体験
兵士たちの日中戦争
著者:永沢 道雄
定価:本体686円+税
ISBN:978-4-7698-2731-3
発行年月日:2012年3月26日
稀有なる戦場体験の数々を鮮烈に活写して、後世に語り伝える日中戦争の記録!
陸上輸送路の確保とB29航空基地を覆滅すべく、華北から漢口、長沙、桂林、南寧、仏印、バンコク、マレー半島と、果てしなき山野に苦闘した兵隊たちの行軍の日々! 転戦につぐ転戦を重ねた兵士たちの歩け歩けの日中戦争。
アマゾンで注文
 
Book 日本陸軍とヒューマニズム
最前線で見る将兵の純真な精神
著者:楳本 捨三
定価:本体752円+税
ISBN:978-4-7698-2730-6
発行年月日:2012年3月26日
老人を馬に乗せ撤退した中尉。部下の帰還をひたすら待った連隊長。涙なくしては語れぬ真実の人々。
中国戦線で清風を吹き込んだ兵と鳥との交流。ビルマにおいてチャンドラ・ボーズとの約束を果たした少佐、フィリピン人俘虜に篤実さをもって接した司令官と報道班員。素朴な人間愛のもとに行動した人々の姿を綴る。
アマゾンで注文
↑このページのtopへ
 
Book 日本陸軍の火砲 機関砲 要塞砲 続
日本の陸戦兵器徹底研究
著者:佐山 二郎
定価:本体952円+税
ISBN:978-4-7698-2729-0
発行年月日:2012年3月26日
航空機と対戦車戦にも有効な威力と速射性を兼ね備えた機関砲。日露戦争で著名な二十八糎榴弾砲など大口径要塞砲と小口径砲発達史。
低空域の航空機に榴弾を高射、対戦車用として徹甲弾を平射する機関砲。日露戦争で名声を高めた二十八糎榴弾砲と臼砲。サイパン・硫黄島で敵将兵を震撼させた九八式臼砲や対ソ連戦の虎頭要塞についた試製四十一糎榴弾砲を収録。
アマゾンで注文
 
Book 新装版
Uボート入門
ドイツ潜水艦徹底研究
著者:広田 厚司
定価:本体1,143円+税
ISBN:978-4-7698-2383-4
発行年月日:2012年3月26日
比類なき海中戦闘を演じた恐るべきドイツ潜水艦を徹底研究
Uボートの黎明期から、無差別破壊戦に挑んだ一次大戦、ヴェルサイユ体制下の雌伏期、そして二次大戦の栄光と苦悩、崩壊の時代。高性能ヴァルター艦に到る各型メカニズム、兵装、運用、作戦指導など、ドイツ潜水艦を徹底解剖。
アマゾンで注文
Book ハイラル国境守備隊顛末記
関東軍戦記 表題作の他4編収録
編者:「丸」編集部
定価:本体895円+税
ISBN:978-4-7698-2728-3
発行年月日:2012年2月27日
無敵と謳われ、黄土の広野に展開された大関東軍の盛衰記
死体が付近一帯に散乱している。ソ連軍の戦車が黒煙を上げている。戦死している日本兵は胸から上がない。これらの兵は破甲爆雷を背負い、野球でやる頭からの滑り込みの要領で戦車の下に突っ込み壮烈な戦死をとげたのだ。(本書より)
アマゾンで注文
 
Book 大本営海軍参謀最後の証言
海軍の知恵と心
著者:吉田 俊雄
定価:本体829円+税
ISBN:978-4-7698-2727-6
発行年月日:2012年2月27日
米内光政、嶋田繁太郎、永野修身らの副官も勤めた海軍の俊才が綴る異色の海軍文明論!
昭和二十年に八十年の歴史を閉じた日本海軍。日本海海戦の体験から脱却できずに終焉を迎えた本質とは──長所と短所、成功と失敗、功と罪。リアリズムをキーワードに自賛に傾かず、自虐におちず、ありのままの海軍を徹底検証。
アマゾンで注文
Book 二・二六事件の謎
昭和クーデターの内側
著者:大谷 敬二郎
定価:本体952円+税
ISBN:978-4-7698-2726-9
発行年月日:2012年2月27日
日本を震撼させた流血と混乱の4日間。青年将校たちはなぜ蹶起したのか?
なぜ青年将校たちは自ら統帥権を踏みにじる行動を起こしたのか。皇道派の中心人物、真崎甚三郎や首謀将校らと面会、捜査にあたった一憲兵が、その背後に連なる思想、人物まで言及し、数々の疑問をはらんだ事件を読み解く。
アマゾンで注文
 
Book 戦車隊長
陸上自衛隊の機甲部隊を指揮する
著者:木元寛明
定価:本体781円+税
ISBN:978-4-7698-2725-2
発行年月日:2012年2月27日
61式戦車4両を指揮する小隊長から陸自最強部隊長となるまで、戦車の最前線を描く。
指揮官は一朝一夕にはならず、幅広い経験の積み上げと相応の時間が必要である。戦車の本当の顔が見えて、乗員たちの息づかいまでが聞こえる──人車一体となって任務に邁進する戦車兵戦車部隊の最前線の姿を描いた話題作。
アマゾンで注文
Book 新装版
壮烈拉孟守備隊
玉砕に殉じた日本軍将兵の記録
著者:楳本 捨三
定価:本体752円+税
ISBN:978-4-7698-2390-2
発行年月日:2012年2月27日
自らを犠牲にして他の部隊を撤収させたヒューマニズムの極地
昭和十九年六月、ビルマの山岳戦場でラモウ守備隊千三百名は、十二の陣地に拠って、完璧なる持久防御を展開した。全滅しないかぎり、敵に地歩を許さない玉砕の精神と思想の信念に貫かれた日本将兵の壮絶な戦い。
アマゾンで注文
 
Book 燃える特攻基地セブを死守せよ
フィリピン戦記
編者:「丸」編集部
定価:本体848円+税
ISBN:978-4-7698-2724-5
発行年月日:2012年1月25日
絶対絶望の防衛戦。最悪のフィリピン戦場に地獄をみた!
バリバリッ──敵艦載機グラマンによる銃撃である。所せましとならべられた待機中の零戦に対して、のべ二百五、六十機が襲撃してきた。私の隊の撃ち上げる二十五ミリ機銃は、必死になって対空戦闘をつづけた。(本書より) 表題作の他4編収録
アマゾンで注文
Book 陸軍重爆戦隊奮戦す
陸軍爆撃隊空戦記
編者:「丸」編集部
定価:本体895円+税
ISBN:978-4-7698-2723-8
発行年月日:2012年1月25日
弱装備の爆撃機を駆って、果敢に戦う大型機乗員の心意気と哀歓!
爆撃手の合図にしたがって保針しつつ投下点に近づく。ハナ歌がついとび出すのはこんなときだ。当時の流行歌「湖畔の宿」の?山の淋しい湖の……というメロディは、奇妙に、この爆撃操縦と回避運動の混合操作のリズムが合った。(本書より)
アマゾンで注文
 
Book 戦艦大和と日本人
戦艦大和とは日本人にとって何なのか
著者:永沢 道雄
定価:本体790円+税
ISBN:978-4-7698-2722-1
発行年月日:2012年1月25日
なぜ日本人は大和を建造したのか? 造らざるを得なかったのか?
なぜ日本人は大和を建造したのか。完成時にはいかなる状況におかれ、戦場ではどう運用されたのか。世界最大最高の技術力と四六センチ主砲を擁し、日本の命運をになって最期への道を歩んだ戦艦大和の生涯と日本人論。
アマゾンで注文
Book 失敗だらけの船の歴史
発達過程で生じた33のエピソード
著者:大内 建二
定価:本体781円+税
ISBN:978-4-7698-2721-4
発行年月日:2012年1月25日
船の発達は、勇気と努力とわずかのインスピレーションによって成しとげられた。
船の推進理論や船体の構造や自然の摂理の理解不足などから生まれてくる、さまざまな挑戦が船の発達過程に様々なエピソードを残し、様々な挑戦の記録が生まれてくるのである。そこに見られる失敗と成功の姿に興味を引かれるのである。(まえがきより)
アマゾンで注文
 
Book 新装版
名将宮崎繁三郎
不敗、最前線指揮官の生涯
著者:豊田 穣
定価:本体924円+税
ISBN:978-4-7698-2069-7
発行年月日:2012年1月25日
アマゾン電子書籍
つねに兵と共に在る──インパール作戦の名指揮官の士気と統率!
功名を排し、己の本分に徹して人身掌握につとめ、寡少の兵力に甘んじつつも、百戦不敗の名を轟かせた名指揮官の生涯。英軍司令官をして賞賛の辞をおしまない戦闘を展開した日本陸軍きっての戦略・戦術家の生きざま。
アマゾンで注文
Book 海軍予備学生零戦空戦記
ある十三期予備学生の太平洋戦争
著者:土方 敏夫
定価:本体829円+税
ISBN:978-4-7698-2720-7
発行年月日:2011年12月24日
沖縄特攻直掩、B29邀撃、学鷲ゼロファイターの戦い!
8ヶ月余の速成教育で海軍士官となり憧れの戦闘機搭乗員に!多数の特攻隊員を送り出した『予備学生の墓場』と呼ばれた本山空、三○三飛行隊で沖縄桜花特攻直掩、本土防空戦に奮起した若きパイロットの手記。
 
Book 昭和20年8月20日
日本人を守る最後の戦い
四万人の内蒙古引揚者を脱出させた軍旗なき兵団
著者:稲垣 武
定価:本体695円+税
ISBN:978-4-7698-2719-1
発行年月日:2011年12月24日
邦人のタテとなりソ連機甲部隊の侵攻を阻止したわずか一個旅団の戦争
迫るソ連・外蒙古軍の目前から、四万人近い在留邦人を緊急脱出させるため、将兵も。政府関係者も民間人も、力を合わせた。自分自身の安全を考えた人は少なかった。多くの自己犠牲のうえに、奇跡の脱出は成功した。
Book 山本五十六と連合艦隊司令部
編者:「丸」編集部
定価:本体781円+税
ISBN:978-4-7698-2718-4
発行年月日:2011年12月24日
私はその日の真相を知っている! 悲劇の名将の素顔を活写した迫真の証言!
ある晩、私は黒島参謀と議論していた。そこへ山本長官が来られて「何を喧嘩しているんだ。黒島くん、きみは人の考え及ばぬところに着眼して深く研究する。それを直言してはばからぬ美点がある。だから僕は君を放さぬのだ」
 
Book ドイツ高射砲塔
連合軍を迎え撃つドイツ最大の軍事建造物
著者:広田 厚司
定価:本体724円+税
ISBN:978-4-7698-2717-7
発行年月日:2011年12月24日
耐爆構造コンクリート、連装128ミリ砲を装備した世界一安全な棺!
連合軍の空爆から防衛する防空大要塞。ヒトラー自ら描いたデッサンを元に設計され、塔頂部には128ミリ重高射砲、37ミリ、20ミリ機関砲等が装備された。ベルリン、ハンブルグ、ウィーンの空に君臨した異色の建造物を詳解。
Book 新装版
青春天山雷撃隊
ヒゲのサムライ奮戦記
著者:肥田 真幸
定価:本体800円+税
ISBN:978-4-7698-2225-7
発行年月日:2011年12月24日
地上では死ねない! 精鋭、艦上攻撃機かく戦えり!
ただ一機での空母攻撃。敵飛行艇との一騎討ち。グラマン大編隊との死闘。海軍一の若き隊長として、空襲に海戦にそして特攻に、鍛え上げた精神力と技量を発揮して、制空権なき苦闘を演じた空の男が綴る感動の空戦記。
 
Book 少年飛行兵「飛燕」戦闘機隊
弱冠15歳パイロットの青春譜
著者:三浦 泉
定価:本体686円+税
ISBN:978-4-7698-2716-0
発行年月日:2011年11月25日
天空翔破を夢見て鍛錬をかさねた猛訓練の日々!
「敵機発見!」レバーを全開にする。敵戦闘機カーチスP40は、速度はわが「飛燕」戦闘機にいくぶん勝っているが,旋回性能は「飛燕」の方がはるかによい。ダダダダダ……十三ミリ機関砲四門が一斉に火をふく。(本書より)
Book ビルマ決戦記
地獄の山野に展開した三十四万将兵の肉弾戦
著者:越智 春海
定価:本体829円+税
ISBN:978-4-7698-2715-3
発行年月日:2011年11月25日
圧倒的物量対闘争心だけの肉弾──
アキャプ、雲南、フーコン、インパール等、物量と先進技術による連合軍に対し肉体を弾丸として迎え撃った日本軍の戦いを描く。15対1の劣勢をはね返して敢闘するも24万人の日本将兵の鮮血が流れた戦場の実態。
 
Book 日本陸軍の火砲 要塞砲
日本の陸戦兵器徹底研究
著者:佐山 二郎
定価:本体1,000円+税
ISBN:978-4-7698-2714-6
発行年月日:2011年11月25日
日清日露から太平洋戦争まで強大な破壊力を秘めた要塞砲発達史
縦深の敵陣に対して擾乱を起こすための火力を集中する大口径砲。破甲弾を主として遠大な射程と破壊力を合わせ持つ要塞砲。廃艦となる八八艦隊主力艦の砲塔加農を改修させた各種の海岸砲を砲台内部の配置図と共に詳解。
Book 新装版
山本五十六の最期
著者:蜷川 親正
定価:本体829円+税
ISBN:978-4-7698-2132-8
発行年月日:2011年11月25日
機上戦死か自決か? 今でも謎とされる山本長官の死に迫る戦慄、迫真のドキュメント!
昭和18年4月18日、山本五十六連合艦隊司令長官搭乗機は、ブーゲンビル島上空で撃墜された。その墜落現場で、最初に山本五十六を検死した“消された一軍医”の一冊の手帳は何を語りかけるのか。“戦死”謎に挑んだ話題作。
 
Book 新装版
人間提督 山本五十六(上)
著者:戸川 幸夫
定価:本体857円+税
ISBN:978-4-7698-2012-3
発行年月日:2011年10月25日
志なかばで非業の死をとげた世界第一級人物の生涯を活写する感動作!
動物文学の第一人者であると共に、幾多の珠玉の戦争文学を発表してきた直木賞作家が、周到な取材と、豊富な資料を駆使して、第一級人物の愛と真実に挑み、その人間像を見事に描いた会心のライフワーク。
Book 新装版
人間提督 山本五十六(下)
著者:戸川 幸夫
定価:本体857円+税
ISBN:978-4-7698-2013-0
発行年月日:2011年10月25日
志なかばで非業の死をとげた世界第一級人物の生涯を活写する感動作!
動物文学の第一人者であると共に、幾多の珠玉の戦争文学を発表してきた直木賞作家が、周到な取材と、豊富な資料を駆使して、第一級人物の愛と真実に挑み、その人間像を見事に描いた会心のライフワーク。
 
Book 巡洋艦「大淀」16歳の海戦
少年水兵の太平洋戦争
著者:小淵 守男
定価:本体952円+税
ISBN:978-4-7698-2713-9
発行年月日:2011年10月25日
少年兵が見た連合艦隊の最後!
比島エンガノ岬沖海戦等、熾烈な海戦を戦い抜いて、“幸運艦”と呼ばれながらも、江田島湾にて最期を遂げた『大淀』。同期生半数以上が戦没する中、一水兵として奇跡的に生還を果たした海軍特別年少兵が綴る手記。
Book 私のシベリヤ物語
捕虜生活三年間の青春
著者:小川 護
定価:本体743円+税
ISBN:978-4-7698-2712-2
発行年月日:2011年10月25日
寒さと戦い、飢えと戦い、戦友たちは孤独の中で死んでいった
あの三年間に、辛いこと苦しいことは山程あったが、ここには努めて明るい話題だけを書こうと思った。それがあの時代を共に過ごした戦友やロシヤ人、そして自分自身へのせめてものハナムケになるだろうと考えたからである。(まえがきより)
 
Book 翔べ 海上自衛隊航空学生
パイロット人生38年の航跡
著者:岡崎 拓生
定価:本体781円+税
ISBN:978-4-7698-2711-5
発行年月日:2011年10月25日
高校生からパイロットヘ、大空への扉を開いた若き自衛隊員の航跡!
パイロットにあこがれて海上自衛隊航空学生への道を歩み始めた高校生たち。集団生活の方法、訓練につぐ訓練に鍛えられ、初めての単独飛行。入隊から、教育、訓練、そして実動部隊勤務の日々を描き成長する人間像に触れる。
Book 海軍良識派の研究
日本海軍のリーダーたち
著者:工藤 美知尋
定価:本体829円+税
ISBN:978-4-7698-2710-8
発行年月日:2011年10月25日
海軍良識派とは!?「良識派」軍人の系譜を辿り、日本海軍の歴史と誤謬を明らかにする!
「海軍良識派」とは。海軍の利益にとらわれず、日本の国益を考えて行動する将官たち。米英協調路線をよしとする将官たち。海軍省系の将官たち。海軍軍縮条約の意義を積極的に評価する将官たち。国際情勢を的確に判断した将官たち。(本書より)
 
Book 新装版
奇蹟の中攻隊
予科練一期生の生還
著者:東 秋夫
定価:本体752円+税
ISBN:978-4-7698-2177-9
発行年月日:2011年10月25日
日本海軍需撃隊屈指のベテラン機長が描くソロモン航空決戦!
〈戦果なき出撃は希望せず〉と吐露し、あえて特攻志願を拒否したベテラン機長。予科練一期生としての矜持をいだき、航空決戦を戦いぬいた九六陸攻・一式陸攻機長が、若きパイロットたちを偲んで綴った感動のノンフィクション。
Book 駆逐艦磯風と三人の特年兵
波濤の中の青春
著者:井上 理二
定価:本体905円+税
ISBN:978-4-7698-2709-2
発行年月日:2011年9月25日
沖縄特攻に参加した「磯風」の乗員はいかに奮戦し、そして倒れたのか。幼き兵士の眼が捉えた地獄の海戦!
戦争体験者が、退廃した世相に融合し、堕落してゆく。犠牲のうえになりたった平和がこの程度のものかと唖然となる。戦争を知らない者が兵器を欲しがり、もて遊ぼうとしています。私はいたたまれない気持ちにさせられてしまうのです。(あとがきより)
 
Book ニューギニア決戦記
絶望の戦場 三年間のジャングル戦
著者:越智 春海
定価:本体800円+税
ISBN:978-4-7698-2708-5
発行年月日:2011年9月25日
人跡未踏のジャングルを食糧も弾もなく転戦し、肉体を米軍に投げうった15万余の将兵の痛恨
東部ニューギニアの戦場ほど、最初から絶望的だった戦場が、他にあるだろうか。投入された兵力十六万人、死んで行った将兵は十五万人を超える。それらの人々の白骨は今も、島のどこかで、風雨にさらされ、うず高く、積み重なっているのだ。
Book なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか
著者:荒木 和博
定価:本体695円+税
ISBN:978-4-7698-2707-8
発行年月日:2011年9月25日
アマゾン電子書籍
北朝鮮とは日本人にとって何だったのか
北朝鮮は危機的状況にもかかわらず体制は維持されている。それは利益の最大公約数は現状維持である。遠からず金正日の死の時を迎えて、動きはじめれば周辺国全てが巻き込まれ誰も止められなくなるということではないか。
 
Book 戦う日本漁船
戦時下の小型船舶の活躍
著者:大内 建二
定価:本体695円+税
ISBN:978-4-7698-2706-1
発行年月日:2011年9月25日
マグロ延縄漁船、底引き網漁船はソロモン、ニューギニア沿岸で輸送作戦に従事し、全滅した!
『特設特務艦等の二次、三次的艦艇を大量に準備する必要はない』という海軍の考え方が、漁船や機帆船の動員となった。各種商船が払底し、低性能な木造機帆船に、国運を担う石油の輸送を期待するのは滑稽以外のなにものでもない。
Book 陸自教範『野外令』が教える
戦場の方程式
戦いには守るべき基本と原則がある
著者:木元 寛明
定価:本体695円+税
ISBN:978-4-7698-2702-3
発行年月日:2011年9月25日
日本の戦国時代からフォークランド紛争まで、勝利を導きだす英知を陸自教範が解き明かす
『野外令』とは、国土防衛作戦に任ずる部隊運用の原理・原則を述べた教範。米陸軍のマニュアルと旧陸軍の体験と反省を踏まえ作戦要務令の一部を取り入れた。導き出された戦理、戦いの本質を学ぶ教科書。
 
Book 新装版
紫電改入門
最強戦闘機徹底研究
著者:碇 義朗
定価:本体781円+税
ISBN:978-4-7698-2403-9
発行年月日:2011年9月25日
大戦末期に登場した日本海軍最後の決戦兵器を図版と写真で徹底解剖
最後の傑作機「紫電攻」。卓越した性能とフォルムはいかにして誕生したか。水上戦闘機「強風」から「紫電」へ、そして「紫電改」にいたる改変へのプロセスと、個々に優れた機能を図版と写真で詳解し、日本航空技術陣の成果を綴る。
Book 九九式襲撃機ラバウル空戦録
陸軍航空隊戦記  表題作の他4編収録
編者:「丸」編集部
定価:本体886円+税
ISBN:978-4-7698-2705-4
発行年月日:2011年8月25日
食うか食われるか──究極の空戦に青春を賭した勇者たち
私は4機のグラマンに対し攻撃態勢にうつった。照準を合わせ、左手のレバーをにぎりしめると、曳光弾はみごとに敵の二番機の右翼と胴体にすいこまれていく。命中の手応えは、右手の操縦桿にもつたわってくる。(本書より)
 
Book レイテ決戦
硬直化した組織運営に見る敗北の全容
著者:樋口 晴彦
定価:本体667円+税
ISBN:978-4-7698-2704-7
発行年月日:2011年8月25日
なぜ日本軍は惨敗を喫し、崩壊したのか──新視点での全貌!
日本軍では消極的と見られる発言を控える気風が蔓延していた。南方軍司令部でさえ作戦の打ち切りを言い出せずに、大本営が「察して」くれるのを待っている有様だ。ガ島やインパール戦でも、撤退を口に出せず、多くの将兵が餓死してしまった。(本書より)
Book 陸軍幹部候補生出陣す
戦争に翻弄された若者たち
著者:齋藤 譲
定価:本体686円+税
ISBN:978-4-7698-2703-0
発行年月日:2011年8月25日
戦勢傾く太平洋戦争下、師範学校を出たての若い教師が厳しい訓練に耐え、陸軍将校となるまで
故国のために身命を賭して任務を全うした若き幹部候補生たちの記録。戦争という時代に生まれた若者たちのありのままの素顔、そして従容として戦場へ向かっていった戦友たちの心情を、師範学校出身の士官が描くノンフィクション。
 
Book 新装版
六機の護衛戦闘機
著者:高城 肇
定価:本体952円+税
ISBN:978-4-7698-2228-8
発行年月日:2011年8月25日
山本五十六の死と共に訪れた護衛機搭乗員たちの悲劇
花はさくらよ戦闘機乗りは──爆音も高く、山本五十六搭乗機護衛の任についた六機の零戦は、遂に大任を果たしえず、ひそかにその重責を負い、南漢の空に消えていく。ラバウルの若き撃墜王たちの生と死を綴る『非情の空』併載。
Book 島川正明空戦記録
大空のサムライ列機の手記
著者:島川正明
定価:本体829円+税
ISBN:978-4-7698-2701-6
発行年月日:2011年7月25日
海軍生活6年2カ月。叩き上げパイロットが綴るエースの真髄
撃墜王・坂井三郎の列機として、数々の勝負に勝ちぬいた空の男が描く日米航空戦。開戦劈頭のフィリピン制空戦から、ソロモン航空戦、そして本土防空戦の松山三四三空まで、エース・パイロットの真髄を綴った感動の空戦記。
 
Book 重巡「最上」出撃せよ
巡洋艦戦記
編者:「丸」編集部
定価:本体886円+税
ISBN:978-4-7698-2700-9
発行年月日:2011年7月25日
高速、重兵装を誇った海戦の主役・巡洋艦の壮絶なる死闘 表題作の他4編収載
「最上」の主砲は初弾から命中弾をだした。米垂巡ヒューストンは火だるまになり、戦闘力を失った。続いて豪巡パースを猛撃、瞬時にして大火災、大爆発を起こし、たちまち沈没した。戦場海面は臭っ赤に染まり、ものすごい様相である。(本書より)
↑このページのtopへ

171615141312111098│7│654321
 
HOME書籍案内月刊「丸」企業情報産経新聞出版

株式会社 潮書房光人新社 〒100-8077 東京都千代田区大手町1丁目7番2号 東京サンケイビル
2017© Ushioshobokojinshinsha Co., Ltd All rights reserved.